起業するために融資で借りたい時は

起業するために融資で借りたい「専門家」

起業時に融資を借りたいと思った時に力になってくれる専門家がいます。

中小企業診断士、税理士などの国家資格を保有し、認定支援機関に認定されている専門家に依頼すると良いです。

資金調達はご自身でもできますが、少しでも多くの金額を借りたい場合、絶対に融資を受けたい場合、事業の実現可能性を確認したい場合などに専門家を利用してください。

専門家の利用は、成功する可能性を高めるのではなく、失敗の可能性を限りなく減少させることだと思います。

勇気をもって起業するなら失敗する可能性を限りなく下げたいと思います。

失敗する可能性を減らすために専門家を活用しましょう。

起業するために融資で借りたい「自分で」

ご自身で申込することも可能です。

しかし、専門家とともに取り組む、経営力強化資金制度などは利用することができません。

事業計画作成にも時間がかかってしまうので、大変ですが、なんでも経験が大切なので、ご自身でしても良いかもしれません。

起業するために融資で借りたい「リスク」

・信用力が低いとデータが残る

とくに何も計画を立てない段階で相談にいってしまうと、何も準備をしていない計画性のない信用力が低い方という印象がついてしまい、その後の審査に影響を及ぼすリスクがあります。

・融資額が少なくなる

信用力が低い場合、多くの借入はできないので、ぎりぎりの状態で事業を行わなければならないかもしれません。

専門家を利用すると、少しでも多く、融資を引き出すことが可能です。

・資金ショート

事業計画は融資を受けるために盛って作成してしまいます。

そのため、売上は大きく、費用は小さく見積もりがちです。

その結果、事業を始めてから資金繰りに苦しむことになってしまいます。

経営者さんに話を聞くと、多くの資金を確保していないと、初期の資金ショートで倒産していたというお話はよく聞きます。

起業するために融資で借りたい「金融機関」

日本政策金融公庫さん、信用金庫さんが積極的に融資をしてくれるはずなので、それらを利用しましょう。

専門家経由の窓口と、ご本人様が行く窓口はことなり、信用力にも差が出てきます。

起業するために融資で借りたい「事業計画書」

売上予測、費用予測、利益予測、返済原資はいくらか、返済額はいくらか、明確でしょうか。

金融機関さんは計画をもとに返済ができるかどうか判断します。

資金繰り表は作成可能でしょうか。

非常に手間がかかるので、専門家に依頼するのも良いかと思います。

起業するために融資で借りたい「まとめ」

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているに違いありません!

共に頑張りましょう。

飲食、宿泊系
生活関連サービス系
建設、小売系
【必見!】

リスクのない成功報酬

詳しくはこちら

関連記事一覧