低資金で起業開業するためには

低資金で起業開業「融資」

自己資金を10分の1ほど貯めて、信用力を高めると、融資を受ける可能性が高まります。

100万円超の起業資金があると、1000万円の融資を受けられる可能性があります。

しかし、基本的には500万円ほどの融資から始めることが多いため、専門家とともにとりくんで1000万円の融資を受けられるようにしましょう。

また、実績や経験があると、低資金でも融資を受けられる可能性が高まります。

中国から輸入し販売する事業を行っている方は、自己資金が0円でしたが、一期分の確定申告をしており、売り上げの見込みがあったので、300万円の融資を受けることが出来ました。

低資金でも開業することは可能です。

低資金で起業開業「投資なし」

飲食店の場合、スケルトンでテナントを借りると1000万円ほど運転資金以外でかかってくる場合があります。

そのため、居抜き物件を探し、大きな投資をしないことで、低資金で起業することができます。

新品の重機を購入せず、中古の重機を購入することで、初期の費用を抑えて、起業することが可能です。

結婚式の費用のように、起業するときは次から次へと費用が追加されていきます。

自分で制御することで、低資金で起業することは可能です。

低資金で起業開業「補助金」

国や県が行っている補助金制度を知り、利用することで多くの資金が必要ではなくなります。

例えば、小規模事業者持続化補助金では、75万円中50万円も国が補助してくれます。

IT導入補助金では、最大450万円ほど国が補助してくれます。

その他、県の補助金などもあります。

これらを活用することで、その分資金をかけずに起業することができます。

注意点は、補助金は絶対に採択されるわけではないので、採択されればラッキーと思っていることが重要かと思います。

低資金で起業開業「クラウドファンディング」

自分でお金を持っていなくても、応援したい人たちがいると起業することができます。

自分の想いと計画を伝え、資金調達を行ってみましょう。

クラウドファンディングに成功すると、金融機関さんも貸してくれやすくなったり、補助金の加点項目になったり、メリットもあるので、ぜひ取り組んでみてください。

ただし、クラウドファンディングからの資金調達を前提に金融機関さんに話をしにいくと、確実性が低く、否決される可能性が高いです。

成功してから金融機関さんには声をかけるようにしましょう。

低資金で起業開業「まとめ」

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているに違いありません!

共に頑張りましょう。

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧