中国輸入の運転資金で融資を受ける方法

【中国輸入】運転資金での融資「創業動機」

前々から準備していたことを明確にしましょう。

例えば、まずは国内の中古品の売買から初めて、実績を積んだので、中国輸入に取り組み、実績もやり方もわかったので事業拡大の為に運転資金が欲しいというストーリーが明確になった方がきれいだと思います。

思い付きではない創業動機を考えてみましょう。

【中国輸入】運転資金での融資「経営者の略歴」

どのようなことを今まで行ってきたのか振り返ってみましょう。

履歴書的なことと共に、そこで得た、中国輸入で活用できる強み、実績等も明確にしましょう。

【中国輸入】運転資金での融資「取扱商品」

取扱商品について、売れる根拠となる情報は蓄積されているでしょうか。

Amazonさんで上位のランキングの商品が1日に何個ぐらい売れているから類似品の自社の商品は○○個ぐらい売れると調査できているでしょうか。

なぜその商品を取り扱うのか明確にしましょう。

【中国輸入】運転資金での融資「セールスポイント」

なぜあなたの商品が選ばれるのか検討しましょう。

OEM生産で今までのどのような課題を解決できるのか明確にしましょう。

中国輸入の仲介をしてくれる業者との関係は良好でしょうか。

自社が選ばれるセールスポイントを検討してみてください。

【中国輸入】運転資金での融資「ターゲット」

どのような方が商品を購入してくれるのか明確にしてください。

【中国輸入】運転資金での融資「必要資金」

商品仕入れに何円くらい必要でしょうか。

弊社がお手伝いさせて頂いた方は、自己資金はほぼ0円で300万円もの融資を受けることが出来ました。

自分で申請して失敗しないようにしてください。

【中国輸入】運転資金での融資「事業の見通し」

売上、経費、利益はどの程度になるか計画を立ててください。

難しい場合、弊社が作成致します。

利益+減価償却費が返済原資になります。

個人事業主の場合、返済後の残ったお金が事業主分になるので、自分のもらいたいお金から逆算するのもよいかもしれません。

【中国輸入】運転資金での融資「まとめ」

中国輸入で借り入れることは可能です。

しかし、パソコン一台でできるため、実態が見えにくく、信用力が低い可能性があります。

弊社を利用して頂くことで信用力を高めて融資を受けることができると思いますので、ご利用ください。

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているの違いありません!

共に頑張りましょう。

日本政策金融公庫さんから
失敗せずにお金を借りよう

起業は簡単です。
楽しいことがいっぱいです!

詳しくはこちら

関連記事一覧