起業するには…売上予測の方法

起業するには「売上を予測する」

起業者さんとお話していると、商品の値段は検討されていますが、大体どれくらいの売上を上げればよいのか把握している方はいません。

平均単価×客数×営業日数
などと細かく売り上げを計算しようとされている方はまだ少ないです。

どんぶり勘定で大体月100万円売り上げるではなく、
平日:平均単価×客数×営業日数
土日:平均単価×客数×営業日数
などのように細かく分解し、積み上げによって売上を予測する必要があります。

起業の売上予測するには「小売業・サービス業」

一日当たり顧客数×客単価×営業日数

起業の売上予測するには「飲食業、理美容業」

客単価×座席数×回転数×営業日数

起業の売上予測するには「コンビニなど」

1㎡当たりの売上高×売り場面積

起業の売上予測するには「製造業」

製品単価×販売数量

起業の売上予測するには「自動車販売業、化粧品販売」

従業員1人当たりの売上高×従業者数

起業の売上予測するには「部品加工業、運送業」

設備の生産能力×設備数

起業の売上予測するには「サイト」

日本政策金融公庫HP内 創業の手引き

小企業の経営指標

業種別審査辞典

などで業界の平均値などを調べ、参考にしてください。

これらの数値から大きく異なっている場合、理由を説明できるようにしておく必要があります。

まとめ

勇気をもって起業しましょう。
素敵な人生が待っているに違いありません!

日本政策金融公庫さんから
失敗せずにお金を借りよう

起業は簡単です。
楽しいことがいっぱいです!

詳しくはこちら

関連記事一覧