起業融資Q&A

個人でも法人でも違いはないそうです。
無担保・無保証人の場合、法人なら倒産した時に個人の財産は守られます。

一般的に4-5年以上の経験があると金融機関は安心するそうです。
事業経験のない方でも今までの経歴などで信用されれば融資は成功するのでケースバイケースかもしれません。

融資の申し込みをする時点では、正式な賃貸契約は不要です。
融資に必要な資料は必要になります。

一度断られた案件については、制度上はすぐに再申し込みは可能ですが、現実的には約6か月程度時間がかかるそうです。

運転資金については5年、設備資金については10年が目安となります。起業時は元金返済の負担が低い方が起業者はありがたいと思います。

3ヶ月以内が妥当だと考えられます。

通帳の原本(コピー)をみて、お金の流れから確認します。

法人を設立した場合、履歴事項全部証明書の資本金=自己資金になるわけではありません。本当に自己資金かどうかのチェックは行われます。

親や兄弟から借りたお金などで返済義務のあるものについては、自己資本となりません。

贈与の場合、その証明書や贈与者への確認などが行われます。

Load More

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧