起業時の融資の失敗例

クレジットカードの信用情報に問題がある

信用力が著しく低下するため、融資に失敗する可能性も高まります。

見せ金を利用して自己資本があるようにごまかしている

ある日急に入金されたようなお金は自己資金とみなされない可能性があります。金融機関は通帳を確認し、見せ金かどうかを判断しますので、ごまかそうとしてもばれてしまう可能性が高いです。

申請用紙の空欄を埋めずに提出してしまう

不注意や手間だからと創業計画書のすべてを埋めずに金融機関に提出してしまうと「きちんとしていない人」という印象を与え、信用力が低下します。

信用力が低下すると、希望金額借りられなかったり、金利が高くなるので注意しましょう。

税金に未納がある

信用力に直結するものなので未納がある場合は厳しいです。

信用保証協会を利用する場合、市税、県税は必ず支払っている必要があります。

断られてから期間があいていない

一度融資に失敗してしまうと、一般的に約6か月間は同じ金融機関からは融資を受けにくくなってしまいます。

すぐにでも事業を始めたい場合は、信用力を高める準備が必要です。

失礼な身だしなみで面談を行う

信頼されるために身だしなみはきちんとしましょう。

信用できない人だという印象を始めに与えてしまうと審査に影響を及ぼす可能性があります。

根拠のない回答をしてしまう

借りられるだけ借りたいというのはいってはいけません。

計画通りに資金が必要だということを伝えましょう。

嘘をついて整合性が保てなくなる

言っていることがむちゃくちゃの場合、金融機関からの信用をえることができません。

分からない場合、一度持ち帰って再度伝えるなどの対処をした方が良いと思います。

きちんとしていれば問題になることはないと思いますが、これらのことについては注意をしましょう。

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧