元手なしで起業するには

元手なしで起業「融資」

自己資金が0円の場合、融資を受けられる可能性は非常に低いですが、可能性が0というわけではありません。

認定支援機関と共に取り組むことで、自己資金要件がなくなる経営力強化資金制度(※2020年2月時点)などがあり、必ずしも元手が必要というわけではありませんが、厳しいと思います。

そのような場合、専門家もリスクが高くなるので支援してもらえない場合が多いでしょう。

なるべく貯めておいた方が良いですが、ないからといって諦める必要はありません。

元手なしで起業「経験」

自己資金が0円でも融資を受けられる可能性があるのは、事業経験があることです。

確定申告を1期分でもして実績があると、どのように売上が上がっていくのか信用しやすいので、元手がない時は実績を作るようにしましょう。

中国から輸入をし、販売される方は、自己資金が0円でしたが、300万円の融資を受けることが出来ました。

起業する分野での経験、副業での実績、小さくても良いので、経験をしてください。

元手なしで起業「クラウドファンディング」

想いとビジネスモデルを説明して、お金を集めましょう。

クラウドファンディングに成功した場合、国の補助金制度の加点になったりするので有利です。

実績があることで融資を受けられる可能性も高まるでしょう。

元手なしで起業「出資」

経営者さんなどお金をもっている方は事業の内容によってお金を出してくれるかもしれません。

儲かることや、想いをぶつけてお金を出してもらうことで元手なしでも起業することができます。

元手なしで起業「まとめ」

元手なしだからと言って起業できないわけではありません。

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているに違いありません!

共に頑張りましょう。

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧