0円で起業開業するには

0円で起業開業するには「融資」

自己資金がないと融資を受けることが難しいですが、絶対に無理というわけではありません。

中国から輸入して、販売される方で自己資金が0円ですが、300万円の融資を受けることが出来ました。

専門家と共に事業計画書を作成し、信用力が高まった影響もありますが、自己資金が0円でも融資を受けられる場合もあります。

基本的には、起業に向けて準備ができる人間かどうかの判断のために、自己資金は必要となります。

しかし、副業で事業経験を積むために投資を行っていたなどと説明できれば0円でも融資を受けられるかもしれません。

0円で起業開業するには「自己資金」

自己資金が0円だと起業することが難しいです。

しかし先ほど記載した通り、自己資金が0円でも融資を受けられる可能性がありますので、一度専門家に依頼することをお勧めします。

共同経営者が資金をもっている場合、融資を受けられる可能性もあります。

0円で起業開業するには「クラウドファンディング」

想いとビジネスモデルでお金を調達することができます。

人が応援したくなるような事業、人が求めている事業を考え、応募してみましょう。

友人で出資してくれる方がいるのならば、同時に申し込んでもらうことで上位に表示されたりするので、効果的に協力し合いましょう。

0円で起業開業するには「経験」

副業などで事業経験があると、0円でも融資を受けられる可能性があります。

自己資金要件がなくなる場合もあるので、金融機関さん、専門家に相談してみてください。

新しい分野で起業するより、6年間経験を積んだ事業で起業する方が、起業できる可能性が高まります。

0円で起業開業するには「想い」

経営者さんの中には、若手を応援したいと思っている経営者さんも沢山います。

連帯保証人になってもよいから事業をやってほしいと言ってくださる方もいます。

なるべく人に会い、想いを語ることで応援したいと思ってもらえる方に出会えるかもしれません。

0円で起業開業するには「役員借入金」

法人の場合、資本金1円でも設立できますが、その場合は、役員借入金などでなんとかしのぎます。

事業に費やすお金はないけれど、貯金はある場合、役員借入金で事業を始めてみてください。

0円で起業開業するには「まとめ」

0円でも事業を始めることは可能です。

応援される人間になって起業してみましょう。

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているに違いありません!

共に頑張りましょう。

日本政策金融公庫さんから
失敗せずにお金を借りよう

起業は簡単です。
楽しいことがいっぱいです!

詳しくはこちら

関連記事一覧