起業開業の不安を減らす方法はこちら

起業開業の不安を減らす「仲間」

起業開業をするときは、仲間がいる方が精神的な不安は少なくなります。

一緒に事業をやるのではなく、同じ志をもった仲間がいると、自分も頑張ろうと改めて思える回数が多くなると思います。

しかし、同時期に開始した仲間の事業がうまくいき始めると、嫉妬などの感情も生まれるので注意が必要だと思います。

僕は1人で起業し、当初は仲間がおらず非常にきつい想いを感じましたが、今では、様々な経営者さん、起業者さんと関わることが出来、やっていることは違うけれども志が同じ仲間が沢山いるので、共に頑張ることができます。

仲間を見つけに外に出たり、専門家とタッグを組んで事業に取り組んだりしてください。

起業開業の不安を減らす「事業計画」

経営者さん、起業者さんの多くはどんぶり勘定です。

サービスAの売上を○○円、サービスBの売上を△△円、合計◇◇円

原価は…

人件費は…

水道光熱費は…

家賃は…

接待交際費は…

利益はどれだけで、返済は毎月何円あり、事業主の取り分はどれだけあるのか明確になっている方は少ないです。

将来どうなるかはわかりませんが、これだけの集客をして費用をこれだけに抑えると、30万円は毎月もらうことができると明確にすれば、不安も少なくなると思います。

起業開業の不安を減らす「お金」

現金をもっていた方が、精神的な安定を得ることができます。

毎月毎月、資金繰りに困って心が不安だらけより、現金をたくさんあって心に余裕をもって事業に取り組んだ方がいいアイデアも浮かぶと思います。

自己資金は沢山準備しましょう。

また、経費で色々と落とせるからといって、無駄遣いをしないようにしましょう。

融資を受けて現金を多く持っているということは精神的な安定に繋がりますし、それに対する金利なら安いものだと感じることでしょう。

現金は残すようにした方が、初期は不安を少なくすることができると思います。

起業開業の不安を減らす「専門家」

税理士さんや中小企業診断士さんなど、今まで様々な中小企業に関わってきた専門家と取り組むことで、頭の中のアイデアを整理することができます。

専門家と共に取り組むことで、信用力が上がり、融資を満額受けられる可能性も上がり、数値計画まで明確にするので事業がうまくいく可能性も高まります。

様々な企業を見てきたアイデアも取り入れた支援を受けることができるので、怪しいコンサルにお金を払ったりするよりは、専門家と言われる方と連携した方が良いと思います。

起業開業の不安を減らす「やってみる」

実際にやらない時は、不安を感じるものです。

実際にやってみると、不安を感じることもないくらいバタバタしはじめて、全てが過ぎ去ったときには、あの不安はなんだったのかと感じるはずです。

実際に初めて見ると、やるしかないので不安を感じてやる気が出てない時間は少なくなり、行動を起こすようになります。

起業開業の不安を減らす「失敗」

多くの経営者さんと関わっていると、失敗から学んでいることの方が多いです。

失敗はしたくないですし、しない方が良いですが、ほとんどの場合、何かしらの失敗はあります。

最悪の失敗はなんでしょうか。

会社がつぶれて、自己破産でしょうか。

1000万円の借入金なら働いて返すこともできないでしょうか。

最悪の場合の失敗を考えてみましょう。

思いのほか、大したことがないかもしれません。

大抵は乗り越えることができると思います。

そして、失敗をされている経営者さんの方が、説得力があり、魅力的な人間になっているような気もします。

失敗を恐れず、恐らくそれは、将来の成功に必要なことになるので、勇気をもって起業しましょう。

起業開業の不安を減らす「まとめ」

不安を感じるので、努力することができます。

不安を感じない方は、どんぶり勘定で最終的に倒産してしまうかもしれません。

不安は大切だと思います。

行動を起こす前は不安を感じるものです。

勇気をもって起業しましょう。

きっと素晴らしい人生が待っているに違いありません!

共に頑張りましょう。

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧