審査の着眼点

金融機関は事業計画書を確認し、融資の判断を行います。
その中でも特に重点的に見られる項目を説明します。

  • 事業計画
  • 創業動機、経歴
  • 借入状況

事業計画

最終的な利益を確認し、返済は可能かどうか判断します。

利益を生み出す、売上の根拠、費用の根拠を確認し、利益を出し続け【元金と利息】を返済してくれるか判断します。

絵に描いた餅になっていないことが重要です。

売上の見込みが既にある場合は必ず記載した方がよいです。

税引き後利益+減価償却費(+個人事業主の生活費)>返済額
ならば金融機関は安心できると思います。

創業動機、経歴

その業界、業種、役に立つような経験をしてきているのか

未経験の業界、業種で起業する場合は、どれだけそのために準備してきたのかが重要になります。

借入状況

住宅ローンや自動車ローンなどの返済に加え、融資金額を返済できるのかどうか確認します。

キャッシングや消費者金融の利用がないか確認されます。

これらが特に金融機関が重視する内容のため、もう一度、創業計画書の内容を見直してみてください。

つまり、

  • 経営能力があるのか
  • 事業計画に妥当性はあるのか

を判断しているといえます。

今すぐ起業しよう

多くの人が行動を起こさず起業しません。
リスク低く起業できるのにあなたもその一人になってしまいますか。

詳しくはこちら

関連記事一覧